【歯科医師監修】市販ホワイトニング歯磨き粉おすすめランキング!

\この記事は私が紹介します/

<歯科医師>
・Manami
結婚前まで歯科医師として勤務し、現在は2児の母として家事や育児に没頭しております。美容ライターとして歯科医師の視点から読者に正確な情報を発信。また、美容に関しての深い知識も活かし、エステサロンの立ち上げのアドバイスを行ったりしております。
▶資格を確認したい方はこちら

 

 

 

「ホワイトニング歯磨き粉って種類がありすぎてどれがいいのかわからない」

「外国製と日本製ってどう違うの?」

「芸能人みたいに白い歯になりたい」

 

みなさんこんにちは。

歯科医師のManamiです。誰もが憧れる芸能人のような美しくて白い歯!

 

歯が白いと、第一印象が良くなり、仕事や恋愛、美容、アンチエイジングなど全てにおいて有利になります。

 

薬局やコンビニではホワイトニング効果が期待できるさまざまな歯磨き粉が販売されていますが、実際どの歯磨き粉がいいのかわからない方もいらっしゃるとおもいます。

今回はそんな悩みに答えるべく、歯科医師の私が笑顔に自信が持てる市販ホワイトニング歯磨き粉を以下の順番でご紹介します。

 

・ホワイトニング歯磨き粉の選び方と注意点
歯科医師が選ぶ市販ホワイトニング歯磨き粉ランキング
口コミで人気の歯磨き粉3選
歯科医師が教える効果的な歯磨きの方法

※気になる項目をクリックすると飛べます

 

毎日のケアで輝く白い歯を手に入れましょう。

 

 

ホワイトニング歯磨き粉の選び方と注意点

市販のホワイトニング歯磨き粉はたくさん種類があってどのように選べば良いか悩みますよね。

実は歯科医院で行うホワイトニングと市販の歯磨き粉では、使用できる薬剤の種類が異なります。

 

歯科医院で行うホワイトニングの歯を白くする成分は「過酸化水素」ですが、日本では過酸化水素を取り扱うためには歯科医師免許が必要です。

 

市販の歯磨き粉には過酸化水素が含まれていませんが、歯の着色汚れの原因となるステインの除去や、ホワイトニングの効果を持続させる効果のある成分が配合されている製品があります。

ホワイトニングに有効な成分・研磨剤・発泡剤の含有量など、ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ際に押さえておきたいポイントがいくつかありますのでご紹介いたします。

 

成分で選ぶ

 

市販で注目したいのが、ホワイトニング有効成分である「ポリリン酸ナトリウム」や「ハイドロキシアパタイト」が含まれているホワイトニング歯磨き粉。

それぞれの効果とオススメの方をまとめてみました。

あなたに合った成分をチョイスしてみてくださいね!

 

効果 おすすめの方
ポリリン酸ナトリウム 汚れを落とし歯の表面をコーティング。さらに汚れの付着を防止 汚れや着色が気になる方
ハイドロキシアパタイト 歯の表面についた傷を埋めて汚れや着色がつきにくい滑らかな歯を作り、汚れを吸着し取り除く 歯垢や着色汚れの防止をしたい方

 

 

発泡剤や研磨剤なしのものを選ぶ

 

研磨剤は汚れを落とすことにおいて有効ですが、粒子が大きいほど歯を削る力が強くなるため歯の表面のエナメル質を傷つける可能性があります。

 

歯茎にダメージを与えることもあるので使いすぎには注意が必要です。

 

しかし、やはり汚れを取るには研磨剤入りの歯磨き粉でないと中々とれないのも事実です。

 

気になる方は普段は研磨剤の入っていない歯磨き粉を使い、研磨剤の入っているものは3日に1使うなど、間隔を開けて使用してください。

 

Emi
歯科医師

最近では研磨剤不使用のもので、汚れを浮かせて落とす成分が配合された歯磨き粉もありますので、そちらを活用するのも良いでしょう。

 

また、「ラウリル酸ナトリウム」などの発泡剤も可能な限り少ない製品が理想的です。

 

発泡剤が含まれた歯磨き粉でブラッシングをするとすぐに口の中が泡でいっぱいになってしまい、汚れが充分に除去されていないにもかかわらずしっかり磨けた気分になってしまうことがあります。

きちんとブラッシングをするという点では、発泡剤は入っていないか少ない方が良いですね。

 

海外製と日本製の違い

 

海外製のホワイトニング歯磨き粉は強力だと言われるものがありますが、それは日本製のものと含まれている成分に違いがあります。

海外では、日本の場合は歯科医院でのみ処方が許可されている「過酸化水素」を市販の歯磨き粉にも使用することができます。

 

過酸化水素は歯科医院でのホワイトニングに使われる成分ですが、歯の表面の汚れを落とすだけでなく、歯の内側から色素を分解して白くする漂白剤です。

 

つまり歯本来の色以上に、白くなる効果が期待できます。

 

海外旅行に行った際にはホワイトニング歯磨き粉を買ってみるのも良いでしょう。

 

矯正中はホワイトニング歯磨き粉を使用できるの?

 

矯正中のホワイトニングについてですが、原則としては矯正治療終了後にホワイトニングを行うことをおすすめしております。

矯正中は歯や歯茎がしみやすい状態になっていること、装置がついている部分は漂白されないこと、歯並びが変わると漂白されていない部分がでてくること、などの理由から充分なホワイトニング効果が得られないためです。

 

Emi
歯科医師

ちなみにマウスピース型の矯正治療中や、裏側に装置がついている矯正治療の場合などは治療中でもホワイトニングをすることが可能な場合があります。

 

ホワイトニング歯磨き粉については毎日のケアですので、通常と同じくお使いいただけます。

歯科医師が選ぶ市販ホワイトニング歯磨き粉ランキング

市販のホワイトニング歯磨き粉でおすすめなものをいくつかご紹介させていただきます。

それぞれの気になるポイントに合わせて、日常使いにぴったりのホワイトニング歯磨き粉を見つけてくださいね。

 

【1位】スーパースマイル /スーパースマイル

楽天で購入

商品名 スーパーホワイト(50g)
価格 1,700円(税抜)
生産国 アメリカ

スーパースマイルはホワイトニング先進国の米国製の歯磨き粉です。

アメリカでは4000万本以上を売り上げたと言われており、とても人気のある商品です。アメリカではほとんどの審美歯科でスーパースマイルの取り扱いがあり、ホワイトニング後のケアとして使用をすすめています。

 

スーパースマイルの最大の特徴は、歯の着色汚れを形成するタンパク質の膜(ペリクル)を特異的に分解する独自成分の「カルプロックス」が配合されていること。

 

こちらの成分が入っていることで、研磨剤不使用で歯のエナメル質を傷つけることなく歯を白く美しくすることができます。

使用後は今までにないツルツル感を感じていただけますので、強力なホワイトニング効果と安全性を求める方におすすめです。

 

【2位】ルシェロ/GC ルシェロ ホワイト 

ルシェロ 歯みがきペースト ホワイト(100g)

楽天で購入

商品名 GC ルシェロホワイト(100g)
価格 1,796円(税抜)
生産国 日本製

ルシェロホワイトはステインやヤニを落とす効果が高いため、コーヒーや赤ワインをよく飲む方や、たばこを吸う方など歯の着色が気になる方におすすめ。

弱アルカリ性のペーストがステインを浮かし、歯に優しいLime粒子(清掃剤)がステインを落とします。Lime粒子は歯質より柔らかくキメ細やかな成分で、歯の表面を傷つけることなく汚れを浮かしてくれます。

また、薬用成分PEG(ポリエチレングリコール)にはヤニを溶かして除去する効果や虫歯から歯を守るフッ素も配合されているため、口腔内の健康を維持します。

ルシェロは歯ブラシも評価が高く、ヘッドがコンパクトで握りやすく磨きやすいので、歯科医院でもおすすめしています。

 

Emi
歯科医師

私はここ何年もルシェロの歯ブラシを使っています。ぜひ歯ブラシも一緒に試してみてくださいね。

 

【3位】全薬販売株式会社/オーラパール

「オーラパール」の画像検索結果

詳しく見る

商品名 オーラパール(75g)
価格 1,800円(税抜)
生産国 日本製

オーラパールは風邪薬ジキニンをつくりだした製薬会社の全薬工業株式会社が8年かけて開発したこだわりのホワイトニング歯磨き粉です。

歯のエナメル質に傷があると、透明感がなくなったり歯が黄ばんで見えてしまいます。

 

オーラパールは薬用ハイドロキシアパタイトが高配合されており、エナメル質についた細かい傷を修復し、汚れを落としながら歯を白くツルツルにしてくれます。

 

歯を削って白くするのではなく、傷を修復して光を反射しやすい滑らかな状態にして白く輝かせるため、研磨剤も不使用。

発泡剤も控えめなので、泡だらけにならずしっかりと磨くことができます。

また、日本で初めて美白成分と歯周病予防成分を同時配合しており、ホワイトニングしながら歯周病予防や口臭予防効果を期待することもできます。

 

購入はこちら

 

 

【4位】ライオン/ ブリリアント モア

「ライオン ブリリアントモア」の画像検索結果 楽天で購入

商品名 ブリリアントモア(90g)
価格 950円(税抜)
生産国 日本製

ブリリアントモアは清掃助剤「ピロリン酸ナトリウム」配合で、ステインを歯の表面から浮き上がらせ、ブラッシング+清掃剤で浮き上がったステインをすっきり落とすホワイトニング歯磨き粉です。

ホワイトニング歯磨き粉の中ではお手頃で、継続して使用しやすいのもメリット。

ステインを浮かせるピロリン酸ナトリウムの他に、虫歯を予防するフッ素も配合されています。

こちらの製品には研磨剤(無水ケイ酸A)が入っていますので、優しく丁寧に磨きましょう。

 

Emi
歯科医師

知覚過敏の方はしみる場合もありますので注意が必要です。

 

【5位】美健モール/薬用パールホワイトプロシャイン

「薬用パールホワイトプロシャイン 原産国」の画像検索結果

詳しく見る

商品名 薬用パールホワイトプロシャイン(120g)
価格 1,980円(税抜)
生産国 日本

パールホワイトプロシャインはアットコスメの歯磨き粉部門で1位になったこともある美白効果に優れた薬用ホワイトニング歯磨き粉です。

 

ホワイトニング有効成分である「ポリリン酸ナトリウム」が歯の汚れを落としてステインや歯石の沈着を防止。

 

「ハイドロキシアパタイト」も配合されているので、歯質を強くし、虫歯を予防する効果もあります。

また薬用成分「イソプロピルメチルフェノール」が、歯周病予防や口臭予防に効果を発揮してくれますよ。

 

購入はこちら

 

口コミで人気の歯磨き粉3

ここからは人気おすすめランキングサイトや口コミで話題のホワイトニング歯磨き粉を3つご紹介します。

どの歯磨き粉を選ぼうか迷っている人は参考にしてみてくださいね。

 

サンギ/アパガード

「サンギ アパガード」の画像検索結果

楽天で購入

商品名 アパガード(100g)
価格 1,480円(税抜)
生産国 日本

多くの人から支持され、2017年にはベストコスメアワードで殿堂入りを果たしたアパガードプレミオ。

アパガードシリーズの中でも着色汚れが気になる方にはこちらがおすすめです。

独自成分のナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトを通常の1.4倍配合していますので、エナメル質の修復を助けてくれ、輝く白い歯に道にいてくれます。

さらにパール成分もプラスされており光沢がでるので、コーヒーやワインなどを好む方に使ってみていただきたい製品です。

 

MARVIS /MARVIS White Mint 

楽天で購入

商品名 MARVIS White Mint (75ml)
価格 2,300円(税抜)
生産国 イタリア

おしゃれなデザインが魅力的なマービスはイタリア生まれのホワイトニング歯磨き粉です。

絵の具のようなデザインの歯磨き粉はスタイリッシュてとても人気のある商品。全種類揃えたくなってしまいますよね。

7種類ある中でも「ホワイト・ミント」は後味がすっきりすると評判です。

パッケージもさることながらホワイトニングの実力も納得のアイテム。

清掃助剤「ピロリン酸ナトリウム」配合で、歯の表面の汚れを浮き上がらせ、歯石の沈着を防ぎます。

毎日使う歯磨き粉がこんなかっこいいデザインだと、モチベーションも上がりますね。

 

コハルト/はははのは ホワイトニング ジェル

詳しく見る

商品名 はははのは ホワイトニングジェル(30g)
価格 1,834円(税抜)
生産国 日本

製薬会社との共同開発で、高いホワイトニング効果を実現したホワイトニングジェルが「はははのは」です。

歯を白くすることにとことんこだわっており、ホワイトニング効果を最大限高めるための4つのステップを編み出しました。

 

①  ポリリン酸ナトリウムでステインを浮かせる

②  タンパク質に働きかける植物酵素のパパインが汚れにアプローチ

③  天然の界面活性剤ソープナッツが歯の汚れに入り込んで流す

④  完全無農薬の10種類のオーガニック成分が表面をコーティング

 

ジェルタイプのこちらの歯磨き粉は研磨剤や漂白剤不使用で、子供にも使えるくらい安全性にも配慮しています。

無添加で安全なのにホワイトニング効果もあるなんて良いこと尽くしですね。

 

 

歯科医師が教える効果的な歯磨きの方法

ホワイトニング目的に限らず、効果的な歯磨きの方法をご紹介します。

ポイントを押さえて毎日のデンタルケアに活かしてくださいね。

 

 歯ブラシに何もつけないまま全体を磨く

→まずは歯磨き粉をつけずに歯を磨いていきます。はじめから歯磨き粉をつけてしまうと、泡立ちや歯磨き粉の清涼感で磨いたつもりになってしまい、汚れを落としきれないこともあります。また歯ブラシを水で濡らすことは実は効果的ではありません。

 

②歯ブラシに毛先1/3程度の量の歯磨き粉を付け、じっくり丁寧に磨く

→このとき、「配合されている薬剤成分が全ての歯に行き渡ること」をイメージしながら磨き、歯と歯間に磨き残しがないようにすることがポイントです。

また、歯磨き粉を大量につけて泡立てると口の中が泡でいっぱいになり、それを口外に吐き捨ててしまうと有効成分も一緒に流れ落ちてしまいます。

歯磨き粉が残っている状態でフロスを併用するのも良いです。歯ブラシでは行き届きにくい部分にも薬効が期待できます。

 

③最後に、仕上げとして水で軽くすすいで完了です。

→歯磨き粉の成分がすぐに歯に取り込まれるわけではないので、少し口の中に残っている方がホワイトニングの効果が高まります。

歯ブラシは細かい溝にも届く毛先の細いもので、普通か柔らかいタイプの硬さのものが理想です。毛先が硬いと歯茎を傷つけてしまうことがあります。

ヘッドは小さいものが良く、前歯2本分くらいの大きさだと良いでしょう。

ハミガキにかける時間ですが、理想は10分〜15分程度がしっかり歯垢を落とせる歯磨き時間の理想です。

磨き残しのないように、順番を決めて表も裏側も忘れずに磨きましょう。

 

Emi
歯科医師

奥歯を磨くときは、口を少し閉じると頬の皮膚が伸びて奥まで歯ブラシが届きやすくなりますので試してみてください。

 

みんなが憧れる白い歯を手に入れましょう

いかがでしたでしょうか。

気になるポイントと有効な成分はわかりましたか。

お悩みに合わせて、効果の高い成分が配合されているホワイトニング歯磨き粉を選択できると良いですね。

 

それでは今回ご紹介した商品をもう一度確認してみましょう!

 

<歯科医師が選ぶ市販ホワイトニング歯磨き粉ランキング>
・【1位】スーパースマイル /スーパースマイル
・【2位】ルシェロ/GC ルシェロ ホワイト
・【3位】全薬販売株式会社/オーラパール
・【4位】ライオン/ ブリリアント モア
・【5位】美健モール/薬用パールホワイトプロシャイン

口コミで人気の歯磨き粉3選>
・サンギ/アパガード
・MARVIS /MARVIS White Mint
・コハルト/はははのは ホワイトニング ジェル

※もう一度チェックしたい人はこちらをクリック

 

効果的な歯磨きを毎日続けることで、ホワイトニングだけでなく歯周病予防や虫歯予防にもつながります。

白く美しい歯を手に入れて、輝く笑顔で毎日を過ごしましょう。